スリムな女性
体重を気にする女性

病院で行う肥満治療は、その人に合った方法を選びますが、基本的には食事療法と運動療法です。
食事療法では、摂取するカロリーを消費するカロリーより少なくするために、カロリーコントロールを行います。
自分で行うと栄養バランスが悪くなって体調を崩すこともあるので、管理栄養士が性格やライフスタイルなどを考慮してメニューを決めます。
運動療法では、有酸素運動をするようにプログラムを立てます。
ウォーキングやジョギング、ダンベルなどがあり、運動を始めて20分後に脂肪が燃えます。
よって肥満治療のためには、30分~1時間の有酸素運動が求められます。
しかし無理のない範囲で行い、毎日継続することを重視します。

これらの生活習慣を自分で見直して考えるのが、行動療法です。
肥満の原因になりそうな行動を自発的に見つけ改善するのをサポートします。
食事療法と運動療法の補助的な肥満治療として、薬物療法があります。
薬で食欲を抑えたり消化吸収を阻害したりします。

日本ではサノレックスという薬が認可されていますが、依存症や耐性などから長期的な服用はしません。
病院では他の療法とのバランスを見極めて薬を投与するので、リバウンドのリスクが軽減されます。
外科的な肥満治療には、脂肪吸引があります。
脂肪細胞を除去して体のラインをすっきりさせます。
確実ですぐに効果がでますが、外科手術に対する不安を抱く人もいます。

また除去できるのは皮下脂肪だけで内臓脂肪は変わらないので、他の療法がメインとなります。
最近ではメスを使わないで脂肪融解注射を使ったメソセラピーも行われます。
脂肪吸引と比べると体への負担が少ないので、気軽に受けられる肥満治療として有名です。
病院に通うような肥満では無かったとしても痩せたいと思うのは当たり前の気持ちです。
痩せるにはやはり食生活の改善と運動が重要です。

記事一覧

わが国では多くの人ができれば今よりも痩せたいと思っており、特に自分の容姿について関心の高い若い世代の...

黄色の計測用の紐

肥満であるかどうかを確認する計算式は、「BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)の2乗」です。 ...

ジョギングしている女性

肥満で悩んでいるという場合、病院で肥満治療を受けることが出来る場合があります。 病院では、一人ひとり...

食事している男性

糖尿病、高血圧、脂質異常症、痛風、無呼吸症候群、変形性膝関節症など肥満はさまざまな異常を引き起こす引...

お腹の脂肪を心配する男性

現在の日本では、肥満治療に使うことが認められている抗肥満薬には、ノバルティス・ファーマ社のサノレック...